包茎手術を美容外科で受けるときの気になるデメリット

包茎手術の費用が高い

美容外科で包茎手術を受けると、保険が適用されないので自費となり経済的負担が大きいです。
ほとんどの美容外科が採用している手術法は、亀頭直下埋没法というもので7万円~25万円かかります。
費用に開きがあるのは、美容外科によって価格設定が異なるためです。
高級感を売りにしているところであれば、同じ手術法でも高くなります。
傷跡が目立ちにくい方法で審美性が高いのが特徴的です。
傷跡のデメリットはあるものの、新人医師が最初にマスターする手術法を選べば3万円~10万円まで下がります。
それでも包茎手術費用は決して安いとはいえません。
包茎手術を検討するのは若い男性が多いため、バイト代だけの大学にとっては工面できない場合もあります。
費用面でデメリットを感じている場合は、病院の施術費用にしか使えない医療ローンを利用しましょう。
美容外科でのカウンセリングで相談すれば案内してもらえ、バイト中の大学生でも受けられます。

技術力の低い包茎手術

美容外科によっては、質の低い医師を集めて包茎手術を行っている場合があります。
例えば傷跡が残りにくいとカウンセリングでは言っていたのに、実際はツートンカラーになり包茎だった頃よりも見た目が悪くなるケースです。
高い費用を払って包茎手術を受けても、技術力が低く実績のない医師が担当すると失敗してしまいます。
また包茎手術のついでにヒアルロン酸などを注入し、亀頭を増大させる手術を一緒に行うところが多いです。
これ自体は患者が納得していれば問題ありませんが、このトッピング治療はトラブルに発展する傾向があります。
ヒアルロン酸はいずれ吸収される成分で、吸収されれば亀頭増大効果はなくなります。
効果を維持させるために吸収されない成分を注入すると、後遺症のリスクが高まり血管に入り塞栓症を引き起こすことがあります。
これらは包茎とは関係ない手術であり、お金儲けのために不要な施術を行っている面も否定できません。

まとめ

美容外科での包茎手術はメリットが多い反面、デメリットもあります。
保険治療を受けられないため費用が高くなるのは避けられず、若い男性にはいたい出費です。
バイトなどで安定した収入があれば、医療ローンを受けられます。
腕の良い医者がいない美容外科はデメリットだらけで、仕上がりが悪くなったり後遺症を引き起こしたりします。
患者からより多くのお金を巻き上げようとしている美容外科は、手術の実績や患者たちの口コミから見つけられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。